メニューを飛ばして本文へ

福島大学

Menu

福島大学農学群食農学類2019年4月開設

English

食品科学コース

松田 幹(まつだ つかさ)

農芸化学、食品科学、応用分子細胞生物学

食品成分の消化吸収・体内輸送と利用効率

食品中の栄養素や機能性成分がどのようなメカニズムで消化吸収され身体の組織や標的細胞に輸送されて有効に利用される(Food Bioavailability)かを解明し、健全な成長と健康な身体の維持ための科学技術基盤の構築を目指しています。

愛知県生まれ。専門は農芸化学。名古屋大学、助手、助教授を経て1998年より名古屋大学大学院生命農学研究科教授。
これまでに名古屋大学農学部長、同生物機能開発利用研究センター長、アジア農科系大学連合会長、NPO法人東海地域生物系先端技術研究会理事長を務める。

平 修(たいら しゅう)

staira@agri.fukushima-u.ac.jp

食品機能学、分析化学、ナノ科学

見えない物を見る

食品の機能をイメージング質量分析(IMS)で「見える」ようにします。IMS は、一度の測定で物質の局在が「見える」ようになります。食べたものが何処に行くのか、薬剤はどこでどの形で効いているのか。幅広い分野で応用可能な技術です。「見える」ことの科学的インパクトは大きくて、主に質量分析技術をベースに、食品の新たな機能を発見、機序解明し、サプリメントや、新規薬剤として製品化につながります。

宮城県仙台市生まれ。北陸先端科学技術大学院大学博士後期課程修了 博士(材料科学)。北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科・バイオ系助教、福井県立大学・生物資源学部、大学院・生物資源学研究科准教授をて、2018 年4月より福島大学・農学系・准教授。

石川 大太郎(いしかわ だいたろう)

daitaroishikawa@agri.fukushima-u.ac.jp

分光分析化学、食品科学工学、農業環境情報工学

食品・農作物を評価し、制御する

可視・近赤外からテラヘルツ帯にわたる分光分析と水分活性、吸着状態などの物理化学的特性の分析を融合した農作物の状態/食品品質評価法の提案、食品高分子の階層的な構造物性相関や品質変換操作による構造変化の予測とその制御に関する研究を通じて、福島県の食品および農作物へフィードバックできる実用のための基礎研究を進めていきます。

福島県三春町出身 鹿児島大学連合農学研究科博士課程修了(2010,博士(農学))
2009年日本学術振興会特別研究員、2010年ジョージア大学/ワシントン州立大学派遣研究員
2011年関西学院大学理工学部(尾崎幸洋研究室)博士研究員、
2014年東北大学大学院農学研究科(生物産業創成科学専攻)助教を経て、2019年4月より現職。

尾形 慎(おがた まこと)

食品素材科学・生物有機化学・糖質化学

食品素材七変化

食品素材中には様々な糖質が含まれています。私は、これら糖質の構造的特徴を活かしつつ、合成化学的手法により新たな機能性を付与する研究をしています。化学の力で糖質を機能性食品や診断薬、医薬品等に創り変え科学技術の進歩に貢献したいと思っています。

新潟県胎内市生まれ。岐阜大学大学院連合農学研究科博士後期課程修了 博士(農学)。静岡大学創造科学技術大学院特任助教、福島工業高等専門学校化学・バイオ工学科助教・准教授を経て、2020 年より着任予定。

吉永 和明(よしなが かずあき)

kyoshinaga@agri.fukushima-u.ac.jp

油化学、有機化学、分析化学、食品科学

油脂の分析法開発と生理機能の解明

食用油脂の主成分であるトリアシルグリセロールの構造や脂肪酸の種類は油脂の性質に大きく影響を及ぼします。
我々の研究室では、様々なトリアシルグリセロールや脂肪酸を有機合成し、それらの分析法および生理機能(吸収、分布、代謝、排泄)を評価しています。

東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科博士前期課程 修了。食品会社を経て、東北大学大学院農学研究科 論文提出による博士(農学)取得。

熊谷 武久(くまがい たけひさ)

食品化学、食品微生物学

植物由来の乳酸菌の健康機能

古く日本人は農耕民族であり、米、豆などの穀物や野菜を栽培し、それらを微生物と作用させ発酵文化(酒、味噌、醤油、漬物など)を生みました。植物を発酵する乳酸菌と日本人との歴史は非常に長いです。なじみの深い植物由来の乳酸菌の研究を行っています。

新潟大学農学部農芸化学科卒業、同大学院農学研究科農芸化学専攻修士課程 修了。食品会社を経て、新潟大学大学院自然科学研究科、論文提出による博士(農学)。

升本 早枝子(ますもと さえこ)

食品機能学、栄養学、栄養生理学、食品科学、食品化学

美味しく食べて健康に!

果物や野菜などの農産物を中心に、食品が人々の疾病予防や健康増進に与える効果について科学的に検証しています。肥満や糖尿病などの生活習慣病を始め、最近では抗老化、認知機能、腸内細菌に与える影響を中心に研究を進めています。

お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科ライフサイエンス専攻(食品栄養科学領域)博士後期課程修了 博士(生活科学)。大手酒類・食品企業研究員、国立研究開発法人・農業・食品産業技術総合研究機構、北里大学獣医学部・動物資源化学科・栄養生理学研究室助教、徳島大学・医歯薬学研究部・代謝栄養学分野特任助教。

渡部 潤(わたなべ じゅん)

watanabe@agri.fukushima-u.ac.jp

応用微生物学、発酵醸造学

発酵食品のおいしさの秘密

麹菌、乳酸菌、酵母といった発酵食品製造に広く利用される微生物を対象に、有用な形質を示す株のゲノムレベル・遺伝子レベルでの解析を行っています。また、これらの微生物が生成する成分(特に香気成分)の生成メカニズムに関する研究も進めたいと思っています。

新潟大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了。食品会社を経て、2020年8月より本学食農学類准教授。食品会社在籍中に、独立行政法人酒類総合研究所共同研究員、新潟大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了 博士(農学)。

藤井 力(ふじい つとむ)

tsfujii@agri.fukushima-u.ac.jp

応用微生物学,醸造学,食品科学

微生物の力を引き出す

発酵食品や醸造物の価値を左右する香りや味,健康によい成分の生成量は,微生物そのものや微生物の生育環境でもある製造工程と深い関係があります。微生物の力をいかに引き出すか。主に日本酒や酒粕を対象に仕組みを科学的に説明し実証する研究をしています。

東京生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。博士(理学)。
国税庁入庁後,関東信越国税局,醸造試験所(醸造研究所に改組後,独立行政法人化し,現在,酒類総合研究所)を経て,2019年4月より現職。

西村 順子(にしむら じゅんこ)

食品微生物学、畜産物利用学、応用微生物学

私たちの生活に役立つ乳酸菌を求めて

乳業用乳酸菌が二次産物として生産する物質(菌体外多糖や抗菌性物質など)の機能性を評価し、今後の応用展開の可能性を模索しています。また家畜堆肥由来の乳酸菌の堆肥品質への影響や公衆衛生との関わりについても研究しています。

帯広畜産大学畜産学部家畜生産科学科卒業。東北大学農学部・農学研究科技術専門職員、東北大学総合技術部技術専門員を経て、2013年東北大学 博士(農学)。2014年八戸工業大学工学部バイオ環境工学科准教授、2017年同大教授。2018年八戸工業大学工学部生命環境科学科教授

ページトップ